ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

 

ロングUVA(DeepUVA)に対応した富士フイルムのアスタリフトパーフェクトUVクリアソリューション。

 

曇りの日でも降り注ぐUVAをしっかり防御!肌に伸ばすとワントーン明るく♪

 

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

 

SPF50+、PA++++

 

 

テクスチャー さらっとしていて使いやすい
肌が乾かない? 乾燥肌の私は時間がたつとやや肌が乾いてくる (口コミでは保湿力の高さを評価しているものも多い)
白浮きしない? しない
圧迫感はない? SPF50にしては軽いが、ほんの少し圧迫感を感じる
紫外線吸収剤 使用
ウォータープルーフ 非対応
専用クレンジング 不要

 

 

 

シワ、たるみが出来やすい肌は特に気を付けたい「ロングUVA」

ロングUVAとは?普通のUVAとの違い

紫外線には、UVBとUVA、UVCの3種類が存在し、身体への影響があるといわれているのが、UVBとUVAの2種類です。

 

UVBはいわゆる皮膚の表面に届く紫外線のことをさし、表皮や真皮まで届く紫外線をUVAと呼びます。さらに、UVAは2つに分けることができ、短波長UVAと長波長UVAがあります。

 

このうち、長波長UVAがいわゆる“ロングUVA”です。(富士フイルムでは、ロングUVAのことをDeepUVAと呼んでいます。)

 

短波長UVAは皮膚のシミ・色素沈着を目立つようになる原因になり、

 

ロングUVA(Deep紫外線)はハリや弾力を作るコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを再生する細胞そのものにダメージを与える原因となります。

 

私は皮膚が薄く、しわやたるみが出来やすい肌。他の人よりもバリア機能が弱いと自覚しているので、ロングUVAの肌への影響はやはり気になります

 

波長が長く、室内にもじわじわ降り注ぐロングUVA

UVAは曇りの日でも降り注ぎ、窓ガラスをすり抜けます。

 

さらにロングUVAは波長が長いため、窓際だけでなく室内にいても影響を受けやすい紫外線です。

 

そう聞くと、ロングUVAに対応した日焼け止めを使わなければ!という気になりますよね

 

でも、ロングUVA対応の日焼け止めにも大きな欠点があります。

 

ロングUVAに対応した成分は、肌への負担が大きい

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

 

日焼け止めの「紫外線吸収剤」、「紫外線散乱剤」という言葉を聞いた事がありませんか?

 

「紫外線吸収剤」→UV効果が高い、つっぱらない、伸びもよい、しかし肌への負担がかかる、

 

「紫外線散乱剤」→いわゆるノンケミカルと言われる日焼け止めで、肌に優しい。ただしUV効果が劣る、白浮きする、肌が乾く、圧迫感がある

 

といった違いがあります。

 

上記は非常にざっくりした違いで、実際は両者ともそれぞれの欠点をカバーしたものが多く出ています。

 

ただ、肌への負担という面では、紫外線吸収剤の方が大きくなります。

 

ロングUVAは、紫外線吸収剤を使用しないと防げず、さらに紫外線吸収剤の中でもとりわけ肌へ負担の強い成分を使っています。

 

例えば、ロングUVAをしっかり防ぐために、それに対応した成分が大量に入った日焼け止めを使うと、肌が極端に乾燥する、痒みが出る、湿疹が出る、かぶれが出るなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

ロングUVAの害と、それを防ぐ成分の肌への負担。

 

どっちが肌への負担が大きいの?と考えると、ちょっと微妙で、あえてロングUVAに対応した日焼け止めを用意していないメーカーさんもいます。

 

ロングUVAに対応しながらも、肌への負担も考えた富士フイルムの日焼け止め下地

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

 

シワやたるみが気になる私は、ロングUVA対応の日焼け止め下地、「アスタリフトパーフェクトUVクリアソリューション」が販売された時、銀座にあるアスタリフトのお店で、直接どの程度肌に負担をかけるものなのか聞いてきました。

 

「パーフェクトUVクリアソリューション」ロングUVAにも対応しているそうですが、肌への負担も気になります。
ロングUVAに対応した成分に、紫外線散乱剤も混ぜて、なるべく肌に優しくなるように作っております。

 

確かに、紫外線散乱剤と一緒に混ぜていれば、肌に優しそうです。さっそく全成分をチェック!

 

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

 

アスタリフトパーフェクトUVクリアソリューションは、ロングUVAを吸収する「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」という吸収剤を含みます。成分表の赤いアンダーラインのところで、この配合量が多いと、肌への負担が大きくなります。

 

注目したいのが、水色のアンダーラインをひいた「酸化チタン」。酸化チタンは紫外線散乱剤で、お肌に優しい日焼け止め成分です。

 

成分表は配合量の多いものから記載していくので、肌に優しい散乱剤の方が、アスタリフトパーフェクトUVクリアソリューションには多く配合されている事がわかります

 

  • ロングUVAを防げて、かつお肌への負担も減らせている
  • 日焼け止めかつ化粧下地にもなる

という事で、購入

 

アスタリフトパーフェクトUVクリアソリューションを使ってみた口コミ

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

良い点

日焼け止め効果はかなり高いと思う

UVAはじわじわ影響あるので、すぐに効果があるかわからないのですが、真夏に使用しても肌がヒリヒリしたり赤くなったりすることなく、屋外でも十分過ごせます。

肌が明るくなる

肌がワントーン明るくなって綺麗に見える日焼け止め下地です。肌にあたる「光」をコントロールしてくれる働きがあるのだそう。

ファンデーションが綺麗にのる

日焼け止め効果の高い下地は、ファンデをのせると汚くなる事もあるのですが、とても綺麗にのります。

くずれにくい

真夏の日差しの強い正午、30分近く歩いても崩れず助かりました。仕事で取引先へ伺う時に使えます。

 

気になる点

時間がたつと乾燥してくる

アスタキサンチン、3種類のコラーゲンなど保湿成分もしっかり入っているので、保湿面では評価の高い日焼け止め下地ですが、私は乾燥肌なので、時間がたってくると肌が乾いてきます。

 

これはお肌に優しいといわれる紫外線散乱剤の特徴でもあるので、ある程度仕方ないのかもしれません。朝のスキンケアでしっかり保湿をする事で、肌の乾きを防いでいます。

軽く圧迫感がある

つけてすごい軽い、という日焼け止めではなく、どちらかというと塗った!という圧迫感があります。とはいえごく軽いもの。これも紫外線散乱剤の影響かもしれません。

 

すずらん
ノンケミカルの紫外線散乱剤は使用感がイマイチ、という面があるので、そこが影響しているのかもしれませんが、トータルでは使いやすく、効果の面からも満足しています。

 

肌で感じにくいロングUVAを確認できるキャップセンサー付きで安心♪

肌にあたると痛いUVBと違って、UVAは曇りの日でも降り注いでいるため、どの程度自分の周りにUVAが存在しているかわからないですよね。

 

アスタリフトパーフェクトUVクリアソリューションには、今、ロングUVAがどの程度降り注いでいるのか、キャップについたセンサーが反応してくれます。

 

紫になると、UVAが来ているよ〜という証。

 

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

 

↓キャップ部分が紫に変化しています。

ロングUVA対応!富士フイルムアスタリフトの日焼け止め下地

 

アスタリフトパーフェクトUVクリアソリューションを塗っていないのに、キャップが紫になっていたら要注意!すぐに塗ってロングUVA対策をします

 

しっかりロングUVA(DeepUVA対応ながら、肌にも優しい日焼け止め下地

TOPへ